薬剤師の飽和

薬剤師が、飽和状態にあるということは、給料がそのぶん平均化されてしまうため、下がってしまう可能性もあるということで、地方にドラッグストアなどを建てると、儲けが出ないのに、そこに行く薬剤師もいない、という、悪循環に陥ってしまっているということは、いえるのかもしれません。また、しょっちゅう取り上げられることですが、医学と薬学の大きな違いとしては、一般的に、病院は、公的なものであり、国が管理しているものも多いわけですが、薬局やドラッグストアなどの多くは、民間の一般企業が経営しているということが違います。そのため、競争が、非常に激しくなったとしても、それを、法律で簡単に取り締まるということは、とても難しいという現状があるわけです。安定した職につくということが求められている現代においては、このような、民間団体や一般企業に就職するということは、常にリスクがあるということが言われているわけです。ドラッグストアや、薬局というものは、今や、衣食住の次に、重要なほどのものである、と言われることも多く、様々な、病気が生まれることが予測される現代や、将来においては、一歩ずつ、一歩ずつ、このような問題に向き合っていくことが、重要だと言えるでしょう。かつての時代のように、ただ待っていれば、たくさんの客がやってくる、という時代ではないということを、改めて自覚をしておくことが、重要だと言えるでしょう。薬剤師の、男女の比率は、60%以上が女性であるという、大変珍しいデータが出ており、諸外国ではなかなか出ない数値であるということも、言われることが多くなってきました。このような女性の社会進出化は、ある側面からみればとても喜ばしいものです。