薬局の変化

薬局をめぐる環境というのは、この他にも、多く変わっているところがあり、どのような薬局が、良い薬局であるかということが、国の基準によって、定められるようになってきた、という現状があるようです。一般的に、その基準によれば、処方箋の単価や、薬剤費の比率や、人件費の高騰などに対応するために生まれた、と考えられているようで、様々な点から、総合的に評価する制度が、始まっているということは、薬局や薬剤師にとっては、前向きな情報であると言えるかもしれません。薬局が、どのようにして、この厳しい時代を乗り切っていくのかということは、多くの人が考えていることでありますが、大手の、製剤薬局やドラッグストアなどは、 M & A と呼ばれる、合併や買収を行って、この事態をうまく乗り切っているようです。より、きめ細かいケアが、患者に対して求められている中で、会社を大きくすることで、資金力を高め、そのような事態に対応していくと考えているドラッグストアが多いということは、患者サイドにとってみれば、良い傾向であると言えなくもありませんが、価格を独占してしまうことは、法律的な点から見れば、あまり好ましくないものであるとも言えるのかもしれません。このような、大手ドラッグストアの力が増していくという傾向は、薬局業界などだけに見られるものではなく、経営の技術や、資金力などといった様々な点で、中小企業を上回る形で、シェアを占めていくということは、他の業界でも十分に見られていることなわけです。大手の力にあらがうためには、より、たようなそれぞれの店が個性を出す必要があるわけですが、その個性を捻出する資金もないという状況はよくあるのです。