薬局の将来

薬局は今やコンビニと並ぶほどに増えてしまっており、激しい競争の中で、どのようにして全ての店舗を生き残らせることができるのかということを多くの大手ドラッグストアなどが考えるようになってきたとかんがえられます。しかし、一方で薬剤師の数が不足しているという現状もあるようで、薬局やドラッグストアを開こうとかんがえたけれども、薬剤師があつまらなかったために開業することができなかったという話も聞いたことがあるくらいに、厳しい状況であるということは間違いないと言えるのではないでしょうか?けっきょくのところ、このような将来に対する厳しい予測が出ている中で、安定してビジネスを発展していくためには、かならず重要となってくるのは、一つのものごとに固執しすぎないということではないでしょうか?昔のように特定のくすりを販売し続けることで莫大な利益を得ることができる時代はもうとっくに終わっており、薬にただ詳しいというだけではなく、ひとつひとつの薬を患者にどのように生かすことができるのか、というコミュニケーション的な要素が重要視されるようになってきたと感じます。患者に一方的にくすりを渡すのではなく、渡すさいに患者が一体どのような人なのかということを常に問いかける必要があるということは間違いないと言えるでしょう。つまり、薬剤師本位で薬を調合するのではなく、患者本位でくすりを処方する選択をするという態度を示すことが何よりも重要になってきていると言えるでしょう。近年ではセカンドオピニオンの制度のおおきな発達などによって、薬の管理が難しくなってきたということがしばしばいわれるようになってきたようにも感じられなくもありません。