薬局の電子化

インターネットや、電子社会の発達によって、人が動く距離というのは、とにかく少なくなるということが言われており、今後、ますます電子化が進んだ結果、薬局自体の存在意義を失いかねない事態も、生じてしまうのではないかと危惧する人がいるということは、覚えておくべきだと考えられるでしょう。しかし、最も近くのデータを見れば、薬局や薬剤師の人数は、増加傾向にあり、それに、利用者数も大きな減少は見られないため、依然として、薬局が不要になるという説は、あまり多数を占めた意見ではないと、言えるでしょう。薬剤師は、国家試験を通過してくる、専門性の高い人材であることは知られているわけですが、専門性の高さを生かした仕事を、無事に続けていくためには、このような電子化の波に乗るような形で発展していくことが求められている、と言えるのではないでしょうか。 薬学部が、6年を最低修業年限とすることに移行できたことは、長年の様々な人による、努力の結果であると、言われることが多いわけで、現代では、一般的なものである、6年制度は、昔はありきたりのものではなかったということ、は間違いなく言えると、言えるでしょう。かつての、西洋医学の導入によって、薬学に対する理解を深めることの、重要性が指摘されることが多くなってきた結果、次第に、医療の中で、薬が占める割合が大きくなってきたことによって、自分自身の国の中で、薬を生産する、国内生産に対する考え方も変わってきたとされています。その結果として、より、薬学を学ぶ学生には、在学中に専門性を高めてもらう、ということが、求められるようになった結果、最低修業年限を、6年とする、法案が出され、可決されたと言われているわけです。