Uncategorized

女性の活躍

全国の薬剤師の人数が女性が60%以上であるということは、妊娠や、出産などの、家庭の事情で、職を離れる、ということも、多いために、結果として、十分に、働き手が継続しては確保できない、という事態が、続いているということは、間違いなくいえそうですし、そのような事態を打開する策としては、やはり、一つの薬局の中に、多くの薬剤師が配列されるということが、重要だと言えるでしょう。ゆとりをもった人員配置は大きなメリットがあるわけです。その結果、もしかすると、給料が、下がってしまうような事態が、生まれる可能性もあるわけですが、国の支援などによって、まかなえるように、しなければならないと、考えられます。いくら、民間の企業とはいえ、患者の命を助けることにもつながる、薬を扱う部門ですから、複数の方法で補助するようなことが、重要だと言えるでしょう。このように、薬剤師を取り巻く状況というのは、現代では、非常に複雑になっており、決してただ待っているだけでは、安定して収入が得られる、 仕事とは言えなくなってきつつあるとも、言えるわけですが、患者自身に、積極的に、関わるという医療従事者としての自覚があれば、様々な行動ができるものである、と言えるでしょう。ゆとりを持って、薬局や、ドラッグストアが人員を補充しておくことは、今後の成長曲線を占う上でも、重要だということに言えるでしょう。一般的に、日本では、出産や、妊娠などによって、職を離れた後に、復帰する確率が非常に低く、諸外国からも、そのような点を指摘されることが多いわけですが、簡単に言ってしまえば、人数を増やすことで、人手が常に少し余るぐらいの状態をキープすることが、重要だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です