Uncategorized

ドラッグストアなどについて

大手ドラッグストアの力は、ある、シンクタンクの調査によれば、今後も、影響力を増していく、という風に予測されており、15000店舗以上が存在すると言われる薬局や、ドラッグストアは、今後もその店舗数をますます増やしていく、ということが、見込まれているわけで、個性を出すことのできないドラッグストアなどは、淘汰されてしまっていっているという事態に発展していることは、現代の、厳しい競争を物語っていると、考えられるでしょう。一般的に、薬局の中でも、多数を占めている、調剤薬局と呼ばれるものは、利用者の利便性に沿って、病院や大きなショッピングモールの中などに配置されていることが多く、病院によって、処方箋を持って、すぐそばの薬局に行く、という流れや、ショッピングモールに入ったついでに、薬局へ寄るというようなことが、多くなってきたと、言われていますが、お客が集まる場所へ、店を出すという、スタイルは、ビジネスの最も基本であるわけです。しかし、ショッピングモールや、病院などが潰れてしまった場合には、全く集客が見込めなくなるという点では、少しだけ、リスクがある方法であると言えなくもありません。最近では、マイナンバーカードの発達によって、患者の個人情報と、国民1人に割り当てられた番号が、紐付けられる可能性が指摘されており、将来は、病院に行った後、すぐに帰宅してナンバーの番号によって、紐づけられた情報に従って、薬が自宅に直接届くというような、事態も生まれるかもしれないと、予測する人もいるぐらいで、このようになった場合に、薬局としての存在意義を、大きく失いかねない事態にも、発展してしまうということは、あまり周知されていない事態だと、言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です