Uncategorized

痛みの意味

 ミーダーが著した「ドクターズルール425」によれば、4種類以上の薬の服用は危険とのことですが、日本の医療の現場ではありふれた処方の仕方となっています。簡単に言えば、薬の種類が増えれば増えるほど、副作用の危険性は高まるわけですが、日本では事ほど左様に薬が濫用されていると言われています。

 薬から遠ざかるためには、自分の痛みを冷静に受け止める必要があります。日本では頭痛を含めて、身体のどこかが痛くなると、すぐに薬を求めようとします。そして服薬で痛みが治まればすっかり安心してしまうのですが、その解決方法は誤りで、本来は痛みから自分の身体を精査し、痛みの原因を探らなければなりません。特に高齢者にとっては自分の身体の故障箇所を知る良い機会であり、薬で誤魔化している場合ではないのです。高齢者はそもそも痛みを感じにくい体質になっていますから、大病を見逃してしまう可能性が若い人よりも高く、たまに痛みを感じた際は、徹底的に調べることが求められます。実際、肺炎に罹ってもそれに気付かず、死亡する人が後を絶たないそうです。

 痛みが酷い時や、頭痛が治まらない時は、不快に思われることでしょう。それでも我慢できるのであれば、無闇に薬に頼ろうとしないことです。依存が深まってしまうと、いずれ中毒患者のようになってしまい、薬から抜け出せなくなります。特に頭痛という現象は体質によって頻発しますから、その度に鎮痛剤を服用しなければ我慢できなくなります。服用期間が長引くと効き目が薄れてしまい、量や種類はさらに増えることになります。

 ここまで薬に頼っても、頭痛が完治することはありません。体質の問題ですから当然です。鎮痛剤をあまりにも長く服用し続けると、副作用で痛みが増すこともあります。そうなると悪循環が生まれますから、どこかで断ち切らなければなりません。

こうした問題も薬剤師求人を探す上で、必要になるかもしれません。問題から目を背けずよりよい薬剤師を目指してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です