Uncategorized

グリベンクラミド

「グリベンクラミド」は、「SU類」の中で最も強力な作用があります。その分、低血糖の発生頻度も高いため、使用する際には注意深く血糖をコントロールする必要があります。欧米のガイドラインでは、低血糖のリスクを重視して、通常は「グリベンクラミド」以外の「SU類」を使うことを推奨しています。
糖尿病の治療目的は、「腎症、網膜症、神経障害」といった糖尿病の三大合併症や動脈硬化性疾患を防ぎ、生活の質を確保することですが、その際には低血糖を起こさないように十分注意することが必要です。
「SU類」はインスリン分泌を促進する作用があるため、低血糖を起こすリスクが高く、体調不良で食事があまり食べられないときや精進料理など糖質の少ない食事をする場合には低血糖を起こしやすくなります。このように低血糖の起こりやすい場面を具体的に挙げて、常に糖類を携帯し、低血糖を起こした際には糖類をすぐに補給するよう、薬剤師は患者に指導を行うことが重要です。またこのとき補給する糖分は、体内への吸収が速い「ブドウ糖(グルコース)」を使わなければならないことも併せて伝える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です